セキュリティソフトの必要性

近年のウイルス被害は功名かつ悪質なものとなっています。あらゆる手段でユーザーにウイルスを仕掛けて情報を盗み取ろうとします。まったくセキュリティ対策をしていないパソコンと対策をしているパソコンとではインターネット上での危険は確実に違います。

インターネットがそれほど主流ではなかったころは、ウイルスはパソコンをフリーズさせたり起動できなくさせたりといった、いたずら行為のようなものが多かったのに対し、近年のウイルスは情報を盗み取ることを目的としたスパイウェアというものがほとんどです。

また、偽装サイトによってアカウントを盗み取る手口も増えています。実は最近のセキュリティソフトはこういった偽装サイトやウイルスやスパイウェアをユーザーに仕掛ける危険性のあるウェブサイトを警告したりアクセスさせないようにする機能を持っているものもあります。

ウイルスを検出して防ぐことはもちろん、危険なウェブサイトやメールなどからウイルス感染や情報漏えいを防ぐためにもセキュリティソフトは必ず導入し、インターネットの脅威から身を守りましょう。